北陸福井での酒造りへの想い

越の鷹の愉しみ方

酒造りへの想い

酒造りへの想い
私たち伊藤酒造は良き伝統を守りながら、柔軟な酒造りに取り組み、
お客様に満足していただけるようなお酒を目指しています。
そして誇れる味、目指す味を極めようと毎年、試行を重ねながらたゆまぬ努力を続けています。

伊藤酒造は福井藩の菩提寺「大安禅寺」、九頭龍川近くに蔵が建っております。
明治から大正の時代、醸造した日本酒を川から三国湾まで川船で運び、
そこから京都や新潟など運輸業も合わせて営んできました。

時代が流れ、交通の発達により川船による運輸が衰退したことで酒造業により一層力を入れ、
上品な辛口の上撰、燗酒・常温に適している金印、冷酒のキリっとしまる生貯蔵酒を
灘・伏見に向けて販売をいたしておりました。

近年においては蔵元が自ら杜氏として酒造りに携わる事により、
蔵元の思いを直に醸し出した日本酒の製造を行っています。
中でも「純米吟醸」を常に試行を重ねながらたゆまぬ努力で
探求・醸造にチャレンジいたしております。
そうして「辛口 純米吟醸」「生酒 純米吟醸」など
どれも個性的なシャープな純米吟醸、濃厚でフルーティーな純米吟醸が生まれました。

また小仕込み(総米200kg)を近年取り入れ、
地元農家でとれた福井県産のお米でオリジナルの純米酒を造る事にも挑戦しております。

福井の大いなる自然から生まれる、酒米と水で福井の気候をいかした酒造り。
そのなかで醸し出される純米吟醸の香りと米の旨味を存分に引き出し
お客様に満足していただけるような日本酒造りを目指してまいります。

福井県福井市江上町44-65 TEL:0776-59-1596